武蔵野大学工学部建築デザイン学科 田中正史研究室建築構造・材料(コンクリートシェル、構造デザイン)

その他

瀬戸内海建築憲章

この夏、香川県に滞在し建築を巡る旅をしました。特に印象的だった地域の人達から尊敬されている建築家 山本忠司氏の言葉をご紹介させていただきます。 瀬戸内海の環境を守り瀬戸内海を構成する地域での環境と人間とのかかわりを理解し

第55回摩耶祭 建築デザイン学科展示

2022年10月8日~9日、武蔵野大学の武蔵野キャンパスにて大学祭を開催します。 建築デザイン学科の作品展示は、実習棟で「構造deアート」(担当教員:田中正史)のコンペに参加した模型とパネルを、田中研究室の活動では8月の

建築家の解体

社会学者の松村淳先生(関西学院大学)の著書「建築家の解体」(ちくま新書)を楽しく読ませていただきました。先日のトークイベントでご一緒し、専門性を深めることも、他分野の方達との連携も重要であると実感する機会でした。 本書は

GA HOUSES 183

建築家の塩入勇生さんと矢﨑亮大さんの設計した住宅が、GA HOUSES 183(2022年7月25日)に掲載されました。塩入勇生さんは、本学科の2008年度の卒業生で、今後の活躍を期待しております!

新宿梁山泊第72回公演「下谷万年町物語」

建築家の大塚聡先生が舞台美術をされた「下谷万年町物語」を観劇してきました。新宿の花園神社境内に特設紫テントを設け、役者さんのエネルギーに満ち溢れた素敵な空間が形成されていました。大塚聡先生は、本学科の設計製図の講師も務め

×