武蔵野大学工学部建築デザイン学科 田中正史研究室建築構造・材料(コンクリートシェル、構造デザイン)

セミ生の活動

アーキニアリング・デザイン展2022 出展

2022年11月2日~9日、建築博物館ギャラリーにて、アーキニアリング・デザイン展2022 「『建築とエンジニアリングの融合』を再考する2022」が開催されます。本展覧会には、田中正史研究室から「香川県立体育館の構造模型

西本学長より「Creating Happiness賞」授与(2022年度)

田中研究室の4年生、浦川和高さん、塩野谷淳平さん、前盛颯樹さん、福沢貴博さんが西本学長より、「Creating Happiness賞」を授与されました。 4名の学生達は、2022年8月16日~21日に開催されました「せと

第55回摩耶祭 建築デザイン学科展示

2022年10月8日~9日、武蔵野大学の武蔵野キャンパスにて大学祭を開催します。 建築デザイン学科の作品展示は、実習棟で「構造deアート」(担当教員:田中正史)のコンペに参加した模型とパネルを、田中研究室の活動では8月の

展覧会 終了

田中正史研究室のゼミ生と参加した「せとうちの瀬戸際けんちく 船の体育館展」が無事に終了しました。2022年8月16日~21日の6日間で、合計614名の来場者の方に旧香川県立体育館の現状について報告することができました。

RSK山陰放送

2022年8月18日、世界的建築家・丹下健三が設計した「船の体育館」(旧香川県立体育館)の保存活用を目指す特別展【香川】として、RSK山陰放送のニュースで放映されました。

NHK NEWS WEB

2022年8月16日、丹下健三氏が設計 「船の体育館」の価値伝える展示会として、香川NHK NEWS WEBのニュースで放映されました。

近現代建築の保存再生と香川県立体育館

日時:2022年5月20日(土)15:30~18:30 URL:https://youtu.be/wm2zYYUKT8g テーマ:近現代建築の保存再生と香川県立体育館 登壇者:斉藤公男(日本大学名誉教授)、馬場正尊(東北

展覧会 設営

本日から高松市美術館にて、「せとうちの瀬戸際けんちく 船の体育館展」を無事に開催することができました。展覧会の準備から設営まで、田中研究室も協力しています。

せとうちの瀬戸際けんちく 船の体育館展 開催

日時:2022年8月16日(火)~21日(日)会場:高松市美術館(香川県高松市紺屋町10番地4) 独特な外観から「船の体育館」として市民の憩いの場として愛され続けた香川県立体育館(1964 年) は、世界的な建築家 丹下

×