塩入勇生+矢﨑亮大/アーキディヴィジョン 内覧会

建築家の塩入勇生さんと矢﨑亮大さんより、内覧会の案内が届きました。2022年4月2日(土)東京都板橋区にある家族4人で暮らす住宅を見学してきました。一つづつ丁寧なディテールが気持ちの良い建築を形成していました。

佐藤研吾展「群空洞と囲い」

建築家の佐藤研吾さんより、展覧会の案内が届きました。2022年3月25日(金)〜4月3日(日)、ときの忘れ物(文京区本駒込5-4-1LASCASAS)、11:00-19:00。

2021年度卒業式

9名の学生達が無事に卒業しました。 おめでとうございます。 みんなの活躍を期待してます!

MU展2021 学科成果発表展

2022年2月7日から12日、武蔵野キャンパス5号館グリーンホール1・2階にて、卒業研究の研究成果をはじめ、下級生や大学院生の優秀作品、各プロジェクトを展示します。

旧県立体育館の活用策は 民間意向調査の結果を公表「なかなか厳しい」 香川県教委(KSB )

香川県教委は旧体育館の活用策について民間事業者から意見や提案を求める「サウンディング型市場調査」を行いました。
利活用の方法ではスケートボードパークや、演劇・アートといった文化の拠点施設などさまざまな用途が提案されました。
県教委は新しい県立体育館が完成する2024年度までに、旧体育館を保存活用するか解体するかの結論を出したいとしています。

 

https://news.ksb.co.jp/article/14523797

丹下健三設計の旧県立体育館 利活用で費用面が課題に(香川 NEWS WEB)

香川県より2021年9月に実施されたサウンディング調査の結果が、開示されました。今回、9の事業者から利活用の方法に関する10の提案がありました。

香川県教育委員会の工代祐司教育長は、文化財として活用する考えはないという認識を示した。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/20220118/8030012015.html

 

↓ 旧香川県立体育館の利活用についてのサウンディング型市場調査結果(概要)

https://www.pref.kagawa.lg.jp/documents/25881/marketsoundingresearchsummary.pdf

西本学長よりCreating Happiness賞授与

建築デザイン学科の2年生、畑中美代さん、和田弥優さん、石川未理さんが西本学長より、Creating Happiness賞を授与されました。
私たちの社会をより良くするためのデザインとは何か。3名の学生達は、建築の学びを通して、形態のユニークさ、構造体の安全性などを探求した結果、デザインとエンジニアリングを統合した成果への取り組みを評価されました。学生達は、自ら考え課題の解決案を、繰り返しスケッチや模型で検討しました。そして、これらの企画立案からプレゼンテーションにおける質疑応答では、他者との異なる視点と響き合わせる良い経験を得ることができたと思います。
未来の一級建築士として、第一歩を踏み出すきっかけになったと期待しております。

おめでとうございます。

アートゲイト荻窪2021出展

JR荻窪駅の北口にある荻窪教会通り商店街にて、2021年11月20日~12月26日の期間、田中研究室から作品を出展しました。作品は、異なる3店舗「榛名屋」「やしろ食堂」にそれぞれ作品を展示しています。[詳しくはこちらPDF]

学生サマーセミナー2021 受賞

2021年7月17日に二次審査を通過した2作品が以下の受賞しました。おめでとうございます!

「波型に変化する壁」選考委員賞(オーノJAPAN:大野博史、芝浦工業大学:小澤雄樹)

3年生チーム:古川翼さん、福沢貴博さん、梶原愛実さん


「FLEXIBILITY」日本構造家倶楽部賞(JSDC賞:多田修二)

2年生チーム:石川未理さん、畑中美代さん、和田弥優さん

審査の様子は、Youtubeで視聴することができます。

https://www.youtube.com/watch?v=1R0GD5u3KoY